解決事例

2020年11月05日

すべてを養子にという遺言に対し遺留分減殺請求して1000万円以上獲得した事案

遺留分減殺請求 男性 女性 被相続人との関係 長男 長女 相続人 依頼者、養子、後妻 相続財産 土地建物、その他数千万円の預金・株式   ご相談内容 お父様がお亡くなりになったところ、公正証書遺言が作成されており養子の方がすべて相続することのみが記載されていました。依頼者の方は、当然遺留分減殺請求をすることを... 続きはこちら≫

2020年10月25日

相続財産である不動産の売却先を見つけ、行き詰まった交渉を打開した事案

遺産分割協議   性別 女性 被相続人との関係 長女  相続人 依頼者、父、次女 相続財産 不動産、預金(数百万円)   ご相談内容   お母様がお亡くなりになり、父と妹と遺産分割協議をしていましたが、話が前に進まず、当事務所を訪れそのまま受任となりました。   対応と結果... 続きはこちら≫

2020年08月04日

相続人間で話が進まないところ、相続不動産の果実等を取得し、抜本的な解決をした事案

争点 遺産分割 情報 依頼者:女性 被相続人との関係:娘 相続人:姉と弟 相続財産:不動産(分割済み)、預金、不動産の果実 ご相談内容 被相続人が亡くなった後、不動産については分割出来たものの、預金については他の相続人が預かることになったが履歴の開示がなく、不動産の果実の分配についても待てど暮らせど反応がなく、事件進展... 続きはこちら≫

2020年03月30日

使途不明金や誰も把握していなかった預金を回収して取得して解決した事案

争点 遺産分割 情報 依頼者:男女および女性 被相続人との関係:甥、姪 相続人:依頼者2人 相続財産:現金・預金(2000万円程度) ご相談内容 身寄りのない叔父様が施設にてお亡くなりになり、施設から相続に関する問い合わせが来たところ、対応に困り、当所にいらっしゃりそのまま受任となりました。   対応と結果... 続きはこちら≫

2019年08月20日

内容証明郵便1通で総額千数百万円の遺留分を獲得した事案

争点 遺留分減殺請求 情報 依頼者:男性 被相続人との関係:次男、三男 相続人:依頼者、長男 相続財産:預金、不動産 ご相談内容 亡くなられたお父様が、長男にすべての遺産を相続させるという公正証書遺言を残していたため、 次男・三男の方は遺留分減殺請求をしたところ、長男の方は梨の礫だったため、当所に来所され受任することに... 続きはこちら≫

2019年08月20日

難のある相手方と何とか遺産分割交渉をまとめ解決に導いた事案

争点 遺産分割 情報 依頼者:女性 被相続人との関係:妹 相続人:依頼者、姉 相続財産:預金、信託など ご相談内容 従前の関係から二度と関わりたくないと考えた姉妹と被相続人である兄の遺産分割をしなくてはならなくなり、 直接の接触を絶対にしたくないと悩む依頼者の方が来所しそのまま受任となりました。 対応と結果 特に良い条... 続きはこちら≫

2019年08月20日

入院中の遺言者のため、公証人と共に病院へ赴き公正証書遺言を作成した事案

争点 遺言書作成 情報 依頼者:男性 被相続人との関係:本人 相続人:妻、息子 相続財産:預金、不動産 ご相談内容 相談者のお父様が体調を崩され残念ながら退院は厳しい状況となっていました。 お父様が相談者に対し遺言を作成したいが自分は病院から出られないので代わりに相談して来て欲しいとの要望でした。 対応と結果 東京埼玉... 続きはこちら≫

2019年08月20日

亡くなった再婚相手の子供達からそれまでの住居を追い出されたものの遺留分減殺請求をして正当な金額を獲得した事案

争点 遺留分減殺請求 情報 依頼者:女性 被相続人との関係:妻 相続人:依頼者、息子、娘 相続財産:不動産(数百万円)、預金(数百万円) ご相談内容 結婚して二人で暮らしていたところ、ご主人がお亡くなりになるとご主人の息子が住み着き依頼者が住居から追い出され、 子供達のみが相続する内容の遺言書の写しを渡され、今後に不安... 続きはこちら≫

2019年08月20日

娘の夫との遺産分割協議において代理人間協議で解決金の支払いを受けた事案

争点 遺産分割 情報 依頼者:女性 被相続人との関係:母 相続人:依頼者、娘の夫 相続財産:数百万円のマンション、わずかな預金 ご相談内容 依頼者の方の娘さんが若くして急死し、死の少し前に結婚した夫との遺産分割協議がうまくいかず、 更に相手方が代理人を選任したため、自分も弁護士に依頼しようと考えて当事務所へ来所して受任... 続きはこちら≫

2019年08月20日

著しく低い条件を覆し、相続した不動産の売却先を見つけ約7000万円を取得した事案

争点 遺産分割協議 情報 依頼者:男性 被相続人との関係:三男 相続人:依頼者、長男、次男 相続財産:不動産(評価額は1億数千万円)、預金(数百万円) ご相談内容 お父様がお亡くなりになり、3人兄弟で遺産分割協議をしようとしたところ、兄二人が自分たちの都合の良い遺産分割案を押しつけ、 依頼者の方は何も相続できないような... 続きはこちら≫

FAQ

   

選ばれる理由

   

弁護士に相談するタイミング

FAQ

   

選ばれる理由

   

弁護士に相談するタイミング

               

執筆者:

島法律事務所 代表弁護士 島武広

(神奈川県弁護士会所属)

 

当サイトでは、相続問題にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。また、当事務所にて携わった事案のポイントも定期的に更新しています。地元横須賀で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。

 

初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度専門家にご相談ください。

当事務所の特徴はこちら