Q&A

2020年09月26日

相続Q&A

相続に関する様々なQ&Aを掲載しています。                       続きはこちら≫

2020年07月05日

Q&A 養子縁組をした場合相続はどうなるでしょうか。

養子縁組をした場合、法律的には生物学的親子と何ら変わらない地位を付与されることとなります。ですから、兄弟が一人増えたとお考え頂ければよいです。   1点だけ異なるのは、養子縁組が真意に基づかない場合無効とされる余地があると言うことです。適式になされた養子縁組手続きを無効とするには相応の自由が必要となりますが、... 続きはこちら≫

2020年07月05日

Q&A 母が父の遺産をすべて受け取ろうとしています。防ぐ方法はないのでしょうか?

あります。それほど難しくはありません。   預金については、金融機関にお父様が亡くなったことを通知して口座を凍結すれば、相続人全員の合意もしくは裁判所での判断がない限り、お母様が独り占めと言うことはできなくなります。   不動産については、元々相続人全員の署名押印なしに処分出来ません。  ... 続きはこちら≫

2020年07月05日

Q&A 葬式費用を遺産から支払えますか。

裁判上結論は別れています。   ケースによるというのが解答となります。   相続人全員で合意しておいた方が無難といえます。   葬式費用は、法律的には喪主と葬儀会社や寺院間の契約に該当するため、当然に遺産から支払ってもよいものではありません。   ただし、多くの場合では遺産から葬... 続きはこちら≫

2020年07月05日

Q&A 香典は遺産にあたるでしょうか。

あたりません。   香典は、法律的には葬儀の参列者から喪主への贈与となり、遺産には含まれません。   香典を渡すときすでになくなっているわけですから、故人の財産とはなりえないのです。 続きはこちら≫

2020年07月05日

Q&A 遺産分割調停を欠席すると何か不利なことはあるのでしょうか?

法律上5万円以下の過料に処することができますが、実務上は、この過料の制裁が行われることはほとんどありません。   実際の不利益は、調停不成立となり審判移行してしまい、審判も欠席すると自己の意見を反映せずに相続内容を裁判所が判断するということになります。   また、場合によっては残りの相続人らで調停手... 続きはこちら≫

2020年07月05日

Q&A 愛人に相続権はありますか。

ありません。 愛人は、法律上相続権を有しておりません。   また、愛人はもちろん内縁の妻(又は夫)にも相続権はありません。   どうしても愛人に相続させたいときは遺言を残す必要があります。   ただ、相続人の遺留分を侵害した場合、ほとんどのケースで遺留分減殺請求をされますので、判断は慎重に... 続きはこちら≫

2020年07月05日

Q&A 相続財産を把握していないのですが、どのように調査すればいいでしょうか?

被相続人の残した資料を手がかりとして地道に調査していく他ありません。   まず、不動産ですが、比較的容易に把握することが出来ます。   というのは、固定資産税を支払う必要があるからです。   お亡くなりになった時期にもよりますが、被相続人または相続人宛の固定資産税の納付書により被相続人の不... 続きはこちら≫

2020年03月30日

Q&A 自宅の不動産に同居している祖父から相続した方が良いか、生前贈与した方が良いか?

質問 自宅の不動産に同居している祖父から相続した方が良いか、生前贈与した方が良いか?   解答 まず大事なのは、今お爺さまが亡くなられた場合、ご自身が相続人となっているかどうかということがあります。そうではないなら、相続を選ぶならすぐに遺言書を作成してもらう必要があります。出来れば、後の紛争を防ぐため、弁護士... 続きはこちら≫

2020年03月30日

Q&A 養子だと代襲相続で何か変わりますか

質問 養子だと代襲相続で何か変わりますか   解答 代襲相続とは、法定相続人が被相続人より先に亡くなった場合や法律の定めにより相続権を失った場合は、その者の子供が、その法定相続人に代わってその法定相続人が受けるべき相続分を相続することをいいます。   この代襲相続は、養子だからといって異なることはな... 続きはこちら≫

FAQ

   

選ばれる理由

   

弁護士に相談するタイミング

FAQ

   

選ばれる理由

   

弁護士に相談するタイミング

               

執筆者:

島法律事務所 代表弁護士 島武広

(神奈川県弁護士会所属)

 

当サイトでは、相続問題にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。また、当事務所にて携わった事案のポイントも定期的に更新しています。地元横須賀で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。

 

初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度専門家にご相談ください。

当事務所の特徴はこちら