Q&A

2022年04月27日

賃料収入がある不動産について相続まで待つのと生前贈与のどちらがメリットが大きいといえるでしょうか?

Q 賃料収入がある不動産について相続まで待つのと生前贈与のどちらがメリットが大きいといえるでしょうか?   A 検討すべき事由は下記の通りです。 まず、賃料収入が相続時にどれくらい残っていると予想できるか、ということが重要になります。というのは、賃料収入を被相続人の方が生活費として使ってしまうのであれば、単に... 続きはこちら≫

2020年12月07日

Q&A 「死んだらあげるから」という口約束は有効?【弁護士が解説】

  A、他の相続人全員がそれで良いと言わない限り有効とはならない   日頃から世話をしていた被相続人の方から   「後のことはちゃんと考えている」   「何も心配しなくて良い」   「私の財産は死んだらぜんぶあげるから」   などと口約束をしてもらっていたと相... 続きはこちら≫

2020年09月26日

相続Q&A

相続に関する様々なQ&Aを掲載しています。                       続きはこちら≫

2020年07月05日

Q&A 養子縁組をした場合相続はどうなるでしょうか。

養子縁組をした場合、法律的には生物学的親子と何ら変わらない地位を付与されることとなります。ですから、兄弟が一人増えたとお考え頂ければよいです。   1点だけ異なるのは、養子縁組が真意に基づかない場合無効とされる余地があると言うことです。適式になされた養子縁組手続きを無効とするには相応の自由が必要となりますが、... 続きはこちら≫

2020年07月05日

Q&A 母が父の遺産をすべて受け取ろうとしています。防ぐ方法はないのでしょうか?

あります。それほど難しくはありません。   預金については、金融機関にお父様が亡くなったことを通知して口座を凍結すれば、相続人全員の合意もしくは裁判所での判断がない限り、お母様が独り占めと言うことはできなくなります。   不動産については、元々相続人全員の署名押印なしに処分出来ません。  ... 続きはこちら≫

2020年07月05日

Q&A 葬式費用を遺産から支払えますか。

裁判上結論は別れています。   ケースによるというのが解答となります。   相続人全員で合意しておいた方が無難といえます。   葬式費用は、法律的には喪主と葬儀会社や寺院間の契約に該当するため、当然に遺産から支払ってもよいものではありません。   ただし、多くの場合では遺産から葬... 続きはこちら≫

2020年07月05日

Q&A 香典は遺産にあたるでしょうか。

あたりません。   香典は、法律的には葬儀の参列者から喪主への贈与となり、遺産には含まれません。   香典を渡すときすでになくなっているわけですから、故人の財産とはなりえないのです。 続きはこちら≫

2020年07月05日

Q&A 遺産分割調停を欠席すると何か不利なことはあるのでしょうか?

法律上5万円以下の過料に処することができますが、実務上は、この過料の制裁が行われることはほとんどありません。   実際の不利益は、調停不成立となり審判移行してしまい、審判も欠席すると自己の意見を反映せずに相続内容を裁判所が判断するということになります。   また、場合によっては残りの相続人らで調停手... 続きはこちら≫

2020年07月05日

Q&A 愛人に相続権はありますか。

ありません。 愛人は、法律上相続権を有しておりません。   また、愛人はもちろん内縁の妻(又は夫)にも相続権はありません。   どうしても愛人に相続させたいときは遺言を残す必要があります。   ただ、相続人の遺留分を侵害した場合、ほとんどのケースで遺留分減殺請求をされますので、判断は慎重に... 続きはこちら≫

2020年07月05日

Q&A 相続財産を把握していないのですが、どのように調査すればいいでしょうか?

被相続人の残した資料を手がかりとして地道に調査していく他ありません。   まず、不動産ですが、比較的容易に把握することが出来ます。   というのは、固定資産税を支払う必要があるからです。   お亡くなりになった時期にもよりますが、被相続人または相続人宛の固定資産税の納付書により被相続人の不... 続きはこちら≫

相続財産の分け方で困っている

相続財産の分け方で困っている

「親族が揉めていて話し合いが進まない」
「相続財産で争いたくない」

このような方はこちらをクリック »
財産の使い込みで困っている

財産の使い込みで困っている

「財産を使い込んでいる相続人がいる」
「預貯金の使い込みを疑われている」

このような方はこちらをクリック »
最低限の相続分がもらえない

最低限の相続分がもらえない

「親の財産を相続できない」
「遺言に自分の相続分が書いてない」

このような方はこちらをクリック »
不動産の売却に納得しない相続人がいる

不動産の売却に納得しない相続人がいる

「住宅の処理について揉めている」
「親族間で話がまとまらない」

このような方はこちらをクリック »
相続人の一人が財産開示をしてくれない

相続人の一人が財産開示をしてくれない

「自分で調べようと思うがどうしたらいいか
わからない」

このような方はこちらをクリック »
相続したくない財産がある

相続したくない財産がある

「故人の借金を残していた」
「事情があって相続したくない」

このような方はこちらをクリック »
前妻との子との話し合いに不安がある

前妻との子との話し合いに不安がある

「聞いた事のない前妻と子どもがいた」
「突然、前妻が名乗り出てきた」

このような方はこちらをクリック »
遺言無効を主張したい

遺言無効を主張したい

「親が認知症だった」
「故人が書いた遺言だと思えない」

このような方はこちらをクリック »

FAQ

   

選ばれる理由

   

弁護士に相談するタイミング