相続財産である不動産の売却先を見つけ、行き詰まった交渉を打開した事案

遺産分割協議

 

性別 女性
被相続人との関係 長女 
相続人 依頼者、父、次女
相続財産 不動産、預金(数百万円)

 

ご相談内容

 

お母様がお亡くなりになり、父と妹と遺産分割協議をしていましたが、話が前に進まず、当事務所を訪れそのまま受任となりました。

 

対応と結果

 

受任後相手方と交渉を開始したものの、まったく根拠のない法定相続分をかけ離れた主張を繰り返すだけで話が進みません。調停から審判しかないかとも考えましたが、相手方2人とも不動産の処分については前向きであり、当該不動産は接道要件を満たしていないため、著しく価値の低い物件という認識は持っていました。

 

テコにするのはこの不動産しかないと考え、こちらで不動産の売却先を見つけるから、無事売れた場合は法定相続分通りで遺産分割して欲しい旨を伝えたところ、多少の抵抗はありましたが何とか合意をとれました。

 

すぐに購入してくれる不動産会社を見つけ、約束通り法定相続分とおりの遺産分割で終了となりました。
依頼者の方が私どもに依頼しなければ未来永劫解決出来なかったかと思います。

 

不動産屋と懇意にしていることから、相続事件を解決に導くケースが最近多くなっています。

FAQ

   

選ばれる理由

   

弁護士に相談するタイミング

FAQ

   

選ばれる理由

   

弁護士に相談するタイミング

               

執筆者:

島法律事務所 代表弁護士 島武広

(神奈川県弁護士会所属)

 

当サイトでは、相続問題にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。また、当事務所にて携わった事案のポイントも定期的に更新しています。地元横須賀で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。

 

初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度専門家にご相談ください。

当事務所の特徴はこちら