相続財産の中に不動産がある方

相続財産の中に不動産があることは多々あり、現金、預金、株式のようにすぐに看過できないため、

遺産分割協議がうまくいかないことも多々あるのではないでしょうか。

例えば、

不動産などいらないから預金をこちらに渡して欲しい。

長男である自分がこの不動産を相続すべきだ。

家業に必要な不動産だからこの不動産を渡すわけにはいかない。

などなど。

 

このような場合どのように遺産分割協議を進めれば良いのでしょうか。

不動産に精通し、不動産業者と懇意にしている弁護士に依頼することをおすすめします。

というのも、そのような弁護士であれば、事前にその不動産の価値を把握することができ、

場合によっては買い取る業者を見つけてその金額まで確定させることが出来るのです。

 

双方弁護士が付いていても、一方の弁護士はそのような発想すらなく淡々と遺産分割協議をするだけで、

裁判所において3000万円の財産として計算されている不動産を3000万円と思い込み、

他方でもう一方の弁護士は5000万円で買い手を決めていると言うことも、ままあるのです。

多少相手の言い分を聞いても、上のケースだと既に2000万円の利ざやがあるのでどうということはないのです。

 

実際に私が代理した事案で、複数ある不動産の内の1つが相手に支払う代償金の金額を大きく超えており、

その他財産も含めて取得できた場合もあります。

自分で遺産分割をしても同じ、どの弁護士に頼んでも同じ、というのは大きな間違いといえるのです。

 

もう一つ、遺産分割協議においては不動産の価値について意見がまとまらないことがあります。

その様な場合にも、不動産業者を懇意にしている弁護士であれば、自身が有利となるように様々な手段を講じることが出来ます

 

いずれにせよ、相続財産に不動産が含まれている場合、相続に精通し、不動産にも精通し、不動産業者とも懇意にしている弁護士を見つけることが出来れば、それだけで有利に遺産分割協議をすすめることが出来ます。

 

まずは当事務所の初回無料法律相談をお気軽に利用されてはいかがでしょうか。

 

不動産が含まれている相続手続きを弁護士に依頼するメリットはこちら>>

 

FAQ

   

選ばれる理由

   

弁護士に相談するタイミング

FAQ

   

選ばれる理由

   

弁護士に相談するタイミング