家族信託をご検討されている方へ

昨今、生前対策としての家族信託という制度が注目されています。

 

家族信託について、簡単にご説明いたします。

 

「家族信託」とは、自分の老後や死亡後の財産の管理・処分を信頼できる家族に託すことをいいます。

 

財産をお持ちの方が認知症などで判断能力を失った場合、現行の、遺言や成年後見の制度ではカバーできない問題が多数起きているという現実があります。家族信託はこれを補うものとして、ご本人が元気なうちに、ご希望に沿った方法で財産の管理や承継を家族に託す契約を結ぶ、という制度です。

 

遺言の作成と同時に、家族信託を活用することにより、認知症になった場合のリスクを回避することが可能となります。

 

とはいっても、家族信託は、相続における選択肢の1つに過ぎないので過信は禁物です。

 

私たちは、常にご相談者様にとっての最善策を考え、そしてご要望に沿うよう、相続に注力する弁護士としての視点からご提案していきます。

 

相続分野は、家族信託をはじめとする様々な制度の整備により、ますます専門性が求められる分野になっています。そして、その傾向は今後も続くでしょう。

 

弁護士業界も専門化が加速しており、その流れ一層加速していくことと思います。

 

相続問題に強く、今も多数の案件をこなしながら日々ノウハウを蓄積している当事務所ならではの的確なサポートをご提供できると考えております。

 

ご家族や財産の状況によって、より良いご提案をさせて頂きます。

 

まずは当事務所の初回無料法律相談をお気軽にご利用下さい。

 

他の事務所との比較も大歓迎です。

FAQ

   

選ばれる理由

   

弁護士に相談するタイミング

FAQ

   

選ばれる理由

   

弁護士に相談するタイミング