相続人間で話が進まないところ、相続不動産の果実等を取得し、抜本的な解決をした事案

争点

遺産分割

情報

依頼者:女性

被相続人との関係:娘

相続人:姉と弟

相続財産:不動産(分割済み)、預金、不動産の果実

ご相談内容

被相続人が亡くなった後、不動産については分割出来たものの、預金については他の相続人が預かることになったが履歴の開示がなく、不動産の果実の分配についても待てど暮らせど反応がなく、事件進展のため当事務所に来所されそのまま受任となりました。

 

対応と結果

代理人として交渉を開始し、程なく相手方に代理人が就き、代理人間でのやり取りとなりました。基本的には法律的な話合いが可能となり、一気に話は進むこととなりました。やはり、双方に代理人が就くと話合いに齟齬があっても、ある程度の範囲内に収まるため、解決への速度は速まります。

 

双方代理人間で、1つ1つ時間が掛かってしまった要因を取り除いていき、個別の合意事項を積み上げていきました。幾つか細かい点を相手方に主張され調整が必要とはなりましたが、不動産の果実(賃料)も含めて最終的には依頼者の方も満足する条件での解決となりました。

 

人や事案によっては何の問題もなく終わる相続手続も、何かをきっかけにしてこじれてしまった場合弁護士に任せることで状況を打破できる、そんなお手本となる事案でした。

FAQ

   

選ばれる理由

   

弁護士に相談するタイミング

FAQ

   

選ばれる理由

   

弁護士に相談するタイミング